PMSは薬で緩和することが可能|ノーモアストレスセンター

女性看護師

女性の毎月の悩み

笑顔の女性

月経前に起こる精神的・肉体的なさまざまな不調で生活に支障が出る場合があります。PMSといって黄体期に現れて月経が始まると消えていきます。我慢せず病院の受診をしてみましょう。婦人科や心療内科、精神科から適した薬を処方してもらうことで症状が改善されます。

詳細を確認する

女性の不調

治療薬

PMSの改善を試みる場合には、婦人科医や心療内科医に相談するのが良い方法です。症状や背景にある原因によっては市販薬での改善が難しいことがあるため、注意が必要となります。今後のPMSの治療では、食事の内容が重視されていくでしょう。

詳細を確認する

月経前の苦痛軽減

外人女性

PMSは月経前に出るさまざまな不快症状のことです。それらの症状は月経の開始と共に消失する特徴がありますが、他の病気と区別する為にも専門医を受診することが大切です。治療法として、医師による低容量ピルの処方などがありますが、最近では、薬剤師がいる薬局で入手できる市販薬も発売されています。

詳細を確認する

月経前症候群を改善へ

薬

月経前症候群とは

女性の悩みの1つに、生理前に起こる不快な症状があげられます。これは、生理が始まる10日から1週間前くらいになると、乳房が張って痛くなる、腹痛や頭痛、むくみ等の身体的症状や、イライラする、攻撃的になる、鬱っぽくなるといった精神的症状が現れるというものですが、ただし生理が始まるとこれらの症状のほとんどが消えていきます。こうした生理前の不快な症状を、「月経前症候群(PMS)」といいます。ある調査によると、女性のおよそ9割近くがこの症状を自覚しているとされ、中でもイライラ等の精神的症状に悩む女性が非常に多いと言われているのです。PMSの原因ははっきりとは確定していませんが、症状の起こる期間から考えると排卵後の女性ホルモンの急激な変化が関係しているとみられています。特に、黄体ホルモンは排卵後分泌が増え、生理が始まると急激に減ることから、これが作用しているのではないかと考えられています。こうしたことから、以前は生理がある限り女性ホルモンの変化は起こるものであり、したがってPMSによる症状が現れるのも仕方がないと、この期間をとにかくやり過ごそうとする人が多かったようですが、最近は生活の質を落とさないためにも積極的に改善を図ろうとする人が増えてきたとされています。たとえば、PMSは精神的な影響が大きいとされていることから、この期間にはなるべくストレスを与えないように心がける、症状がツラいと感じた時には我慢せず病院を受診するといった様々な方法で対処しているのです。中でも、PMSの症状は他の婦人科系の病気の症状と似ていることから、その確認のためにも受診が推奨されており、病院を受診する人の数は年々増えていると言われています。

病院での治療

婦人科等の病院の治療は、その症状に合った対処療法が基本です。たとえば、腰痛や頭痛などには鎮静薬、むくみには利尿薬、イライラや鬱的症状には精神安定剤や抗鬱剤などの向精神薬を用います。この他、PMSの全体的な症状を緩和するために低用量ピルの処方も考えられます。ただし、向精神薬と低用量ピルには効能以上に副作用が強く出る場合があり、注意が必要とされます。たとえば、向精神薬は依存性や副作用があるとされ、また効果に個人差が大きいことから、必ず医師の指示を守ることが必要です。低用量ピルは元々避妊を目的に開発された薬ですが、ピルに含まれる女性ホルモンの効能により、PMSをはじめ婦人科系疾患に効果が期待できることが知られています。比較的安全な薬として知られる低用量ピルですが、ただし血栓を作るリスクが3倍以上に上昇するため、既往症がある人や体質によっては注意が必要とされているのです。なお、PMSの治療薬にはこれらの西洋薬の他に、漢方の処方も行われています。副作用の心配が少なく治療と体質の改善を同時に図るとされる漢方の人気は高く、また先にあげた西洋薬と併用している人も多いとされます。漢方では、PMSは「気」と「血」の流れの異常と考えられているため、これらの流れを正す生薬が用いられます。PMSを改善する漢方の代表的なものとしては、加味逍遥散と当帰芍薬散が有名です。どちらも疲れやすい体質の女性に向くとされますが、加味逍遥散は精神的症状が強い場合に、一方当帰芍薬散は冷えやむくみ、腫れ等が強い場合に用いられることが多いとされます。漢方は比較的安全な薬として知られていますが、ただし自分の体質に合ったものでないと効果が期待できないことから、必ず専門家に相談してから使用するよう注意が必要です。